12月
2013

USB式の手袋

USB手袋」というものがあります。
USB式のものであり、パソコンに接続するだけで手が温まるというものです。

冬場にパソコンで作業をすると、キーボードやマウスにさわっていても手が冷えていくものですが、USB手袋を使えば安心です。
指先の部分は空いていますから、作業の快適さも失われません。
Continue reading

12月
2013

お弁当の下ごしらえを前日に

お弁当を準備するとなると、手の入れ方にともなって所要時間もかなり違ってきます。
本当に時間がないとなると冷凍食品が重宝され、これは電子レンジで数分ですから、朝に出かける前の数分でも充分に間に合わせることができます。

一方、しっかりしたものとなると、相当の早起きをして準備をしなければならないという必要もあります。
とはいってもどうしても朝がつらい、また朝がとにかく忙しいといったときには、ある程度の下ごしらえを前日に済ませておくとかなり違います。
Continue reading

12月
2013

トマト鍋の楽しみ方

「試してみたい鍋料理」として、トマト鍋が第1位になっています。
トマト鍋簡単に用意することのできる鍋の素も、販売されています。

それを利用してキャベツや玉ねぎ、にんじん、トマトなどの野菜トマト鍋を作ります。
野菜のほかにはしめじや鶏肉、ウインナーなどを用意します。

最後にパスタやバター、チーズを投入してももう1回楽しむことができます。
食べ方としては野菜や鶏肉などを入れ、トマトの形がなくなるほど材料に火が通ればできあがりです。
Continue reading

12月
2013

冬に上昇する死亡率

12月から2月にかけては、1年のうちで死亡率が急激に上昇する時期です。
冬は風邪やインフルエンザ、呼吸器の疾患によって病院を受診する人が増える時期でもあります。

気温が下がって湿度も低くなると、ウイルスや細菌が活性化して、風邪やインフルエンザなどが流行する可能性も高まります。
また、冬の寒さで身体を動かしたくなくなり、うつや睡眠障害などの原因になることもあります。
Continue reading

12月
2013

温まる鍋料理

寒いときに温まることのできる料理の代表格といえば、鍋料理です。
最近は、そのバリエーションも非常に幅が広くなってきています。

人気のあるもののひとつが、キムチ鍋です。
基本的にはピリ辛といった味つけであり、そのからさが身体を温めるのです。
Continue reading

12月
2013

血糖値の急上昇には注意

血糖値は、ダイエットや美容にも大きくかかわっているものです。
血糖値が急上昇する生活を続けていると、太りやすくなっていきます。

炭水化物などの糖質を摂取して血糖値が急上昇すると、血糖値を下げようとしてインスリンが分泌されます。
インスリンには、余った糖質を体内に溜める働きや食欲を増進する作用があります。
Continue reading

12月
2013

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種に使われているインフルエンザワクチンは、病原体をなくしたウイルスの一部を使っている医薬品です。
接種すると、身体がそのインフルエンザウイルスを異物として認識して、抗体を作ります

しかしながら、インフルエンザワクチンを受けた10人に1人には抗体ができません
また、抗体ができても病原体を排除することができるだけの十分な量にならないということもあります。
Continue reading

12月
2013

看護師にとっての転職支援サービスの価値

看護師の仕事は、人命にかかわるものであり、やりがいがあるとともに、その労働は過酷な場合も多くあります。
長時間勤務や夜勤、職場や患者さんとの関係など、慢性的な疲労とストレスから、少しでも条件のよい職場に転職を考える看護師も多くなっています

しかし、自分だけの力で見つけるとなると、なかなか思うように進まない場合が多くあります。
条件のよい職場というのは、非公開で求人を出している場合が多いからです。
Continue reading

12月
2013

カラオケの歌本

以前はカラオケで歌を歌うとなれば、いわゆる歌本」という分厚い本を片手に、必死でページをめくって目当ての歌を探すということが普通でした。
それが最近となると、もはやカラオケボックスの部屋へ入っても、本というようなものはどこにも見当たりません

すべてはリモコン1台で、用が足りてしまうのです。
曲を探すにしてもアーティスト名や曲名、キーワード、さまざまなランキングなどから簡単に検索することができます。
Continue reading

12月
2013

目の疲れにはこまめにケアを

には精神を安定させ、興奮させる自律神経が集中しています。
目を使い続けることで自律神経が乱れ、集中力が低下するほかストレスを感じることにもつながります。

目の疲れをピークに感じたときには、目のまわりでは筋肉が緊張しきっています
そのときにその場しのぎのケアをしていると、慢性の目疲れが引き起こされるかもしれません。
Continue reading